主に、関西一円で建築・土木の型枠大工工事を行っています。

受付時間 8:00〜17:00(平日) 072-370-1254

型枠工事についてABOUT

型枠工事とは?

型枠工事は簡単に言うと
コンクリートの建物を形成する為の枠(躯体)を作ることです。

鉄筋で作られた建造物の骨組に、コンクリートを流し込むために、
ベニヤ板や金物を流用し、器を作成して躯体形状を確立させます。

その後、建てられた型枠の中にコンクリートを流し込み、
硬化後にその型枠を取り外せば建物の形が出来上がります。

こうした型枠を組み上げ、
コンクリート製の建物を形成する工事を「型枠工事」と言います。

型枠工事のポイント

人の技術が重要

型枠大工の仕事は、一人前になるのに10年もかかると言われるほど、非常に精密さを求められます。
なぜなら建築物の重要な土台作りを担う仕事になるので、型枠大工の技術が土台の強度やクオリティを左右するからなのです。
型枠工事の現場が機械化や省力化をしてしまうと同じ形の建物しかできませんし、強度や耐久性が下がってしまう恐れもあります。
人の目でみて、人の手で考えて造り上げるからこそ、質の高い建物ができるのです。

図面との誤差は±3mm以内

型枠工事では「垂直精度±3mm以内」が業界の一般的な許容範囲とされています。
これ以上誤差が大きいと、建物の強度や出来栄えに大きな影響を与えます。
その為、職人はコンピューターに頼ることなく誤差±3mmにおさめる必要があります。
ひとつ丁寧につくり、コンクリートが固まるまでしっかりと見守ります。

型枠大工の仕事の流れ

Flow01

拾い出し

施工図から、柱・梁・床・壁などの寸法と形状を拾い出し加工図を作成します。

Flow02

加工

加工図を基にべニアや桟木を使い加工していきます。

Flow03

墨出し

現場で建物の型枠を立てる場所に柱の位置や壁の位置を出し、墨(印)を打っていきます。
型枠組み立ての基準をつくる、大切な作業です。

Flow04

建て込み

加工した型枠を現場に搬入し、出した墨に合わせて枠を組み立てていきます。
この作業によって建物の精度が左右されるため、一切妥協は許されません。

Flow05

固め・立て入れ直し

コンクリートを流し込んでも枠が壊れないように、鋼管等で固めていきます。
その後、柱、壁の倒れを補強補正するために、サポートとチェーンを使って固定します。

Flow06

コンクリート打設

コンクリートを型枠に流し込む際、型枠に異常がないかを点検します。
コンクリートを打設してしまうと、やり直しができませんので、各所を念入りに点検し、
打設の終わったところから精度を確認し、悪いところは是正をしていきます。

Flow07

型枠解体

型枠の中に流し込んだコンクリートが固まったら、型枠を外していきます。
外した型枠は転用することを考慮し、できるだけ傷めないように慎重に取り外していきます。

Flow08

躯体完成

採用情報RECRUIT

一生ものの技術を手に、誇れる仕事を。

雄匠では、一緒に働く仲間を募集しています!
「型枠大工」・「3トントラック運転手・倉庫作業」
未経験者でも大歓迎、経験豊富な先輩がしっかりと業務を教えます。
型枠大工は、職人として手に職を付けることができ、一生ものの技術を身につけることができますので、ぜひお気軽にご応募下さい。

View More
採用情報